恐怖指数

読み方: きょうふしすう
英語名: Investor Fear Gauge
分類: 概念

恐怖指数は、マーケットにおいて、投資家心理の不安度合いを示す指標をいいます。これは、元々は、シカゴ・オプション取引所(CBOE)が、S&P500を対象とするオプション取引ボラティリティ(30日間)を元に算出・公表している「VIX指数(CBOE VOLATILITY INDEX)」を指していましたが、昨今では、同じような仕組みの欧州の「VSTOXX指数」などでも使われることがあります(VSTOXX指数の場合は、「欧州版恐怖指数」と呼ばれることもあり)。

一般に恐怖指数は、投資家心理を示す数値として利用されており、この数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされます。通常は、10から20の間で推移することが多いですが、相場の先行きに大きな不安が生じた時には、この数値が大きく上昇するという傾向があります。