Skew指数(スキュー指数)

読み方: すきゅーしすう
英語名: CBOE Skew Index
分類: 各種指数

Skew指数(スキュー指数)は、シカゴ・オプション取引所(CBOE)が2011年2月23日から公表する、S&P500を対象とするオプション価格のデータ(アウト・オブ・ザ・マネーのオプション価格)を使用し、市場の歪みを数値化したリスク指標をいいます。これは、ファイナンス理論で「テール・リスク(Tail Risk)」や「ブラック・スワン・イベント(Black Swan Event)」と呼ばれる、極端な事象(突発的に発生する大幅な下落)が発生するリスクを示す指標となっています。

一般にSkew指数は、オプション市場で将来の大きな価格変動に備える取引が増えると上昇する仕組みであり、その特色は、ブラック・スワンの登場を警戒する不安心理の高まりを示します。具体的には、指数値が100の時は分布が平常の状態であり、あまりテール・リスク(発生確率は低いが発生すると巨額の損失となるリスク)がないことを意味し、一方で100を超えてくると、下落の場合のテール・リスクが通常以上に大きくなってきていることを意味します。