配当貴族指数

読み方: はいとうきぞくしすう
英語名: Dividend Aristcrats Index
分類: 概念

配当貴族指数は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出する、一定期間以上連続して増配している優良株を対象とした株価指数をいいます。これは、長期にわたって毎年配当を増やしている企業を「配当貴族(Dividend Aristcrats)」と呼ぶことに由来するもので、また連続増配している優良企業から構成されていることから、概して市場平均の指数よりパフォーマンスは高い傾向があります。

配当貴族指数の種類

現在、配当貴族指数には、S&P高配当貴族指数(米国)、S&P500配当貴族指数(米国)、S&P/TSXカナダ配当貴族指数(カナダ)、S&P UK 配当貴族指数(英国)、S&P ユーロ配当貴族指数(ユーロ)、S&P汎アジア配当貴族指数(アジア)など様々な種類がありますが、その中でもS&P500の構成銘柄のうち、25年間連続増配している企業を抽出し算出している「S&P500配当貴族指数」が有名です。また、日本においては、「S&P/JPX 配当貴族指数」があります。

なお、日本国内の投資家向けに、S&P500配当貴族指数に連動する投資成果を目指したファンドも販売されており、米国株ファンドの一つの選択肢として利用できます。

S&P/JPX 配当貴族指数とは?

S&P/JPX 配当貴族指数は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスと日本証券取引所グループ(JPX)が共同で算出する、過去10年以上増配または配当を維持する銘柄(40~50銘柄)を対象とした株価指数をいいます。これは、S&P/JPX スマート・ベータ指数シリーズの一つで、東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄のうち、時価総額と流動性基準を満たす銘柄について、配当の成長性と継続性の観点で銘柄を選定し、配当利回り加重平均で算出されます。(指数の基準日である2006年7月31日の基準値を100として、2015年12月21日から算出)

なお、本指数を連動対象としたETF(上場投資信託)やETN(上場投資証券)、インデックスファンド(投資信託)も提供されており、日本株ファンドの一つの選択肢として利用できます。