増配

読み方: ぞうはい
英語名: Dividend increase
分類: 配当

増配は、前の期よりも配当の額を増やすことをいいます。これは、業績改善や株主重視策として配当を増やすことであり、具体的には、業績向上に伴う「普通増配」、企業の設立周年や創立周年などを記念する「記念増配」、特別の意味をこめる「特別増配」などがあります。また、本用語は、株式だけでなく、保険でも契約者に対して使われます。

一般に配当の額は、利益が増えると増額され、利益が減ると減額されますが、通常、日本企業においては、会社の政策として、同業他社とのバランスや過去の配当状況などを考慮し、配当の額が決められることが多いです(特に安定配当が多い)。なお、増配を公表した企業の株式は、業績に対する期待感もあり、株式市場で買われる傾向が強まるので、株価は上昇する傾向があります。

ちなみに、米国企業の場合は、業績が良ければ増配するというのが一般的なので、何期にもわたって連続増配をしている会社も珍しくありません。