特別勘定

読み方: とくべつかんじょう
分類: 保険会社

特別勘定は、保険会社が契約者から預かった保険料の運用を行う勘定の分類の一つで、運用成果を直接契約者に還元するために、他の財産と区分して経理される勘定のことをいいます。これは、運用実績に応じて支払われる保険金や年金などの金額が変動するタイプの保険資産を運用するもので、「変額保険」や「変額年金保険」などの資産を運用管理する際に活用されます。

一般に特別勘定の運用面では、日本の債券に投資するファンド、日本の株式に投資するファンド、海外の債券に投資するファンド、海外の株式に投資するファンドなど、投資対象の異なるファンド(投資信託)が複数本用意されており、契約者はその中から自分の投資方針(考え)にしたがって、適宜選択することができます。また、運用開始後も、マーケット動向を見ながら、自分の判断でスイッチング(他のファンドに乗り換え)を行うことができます。(実際の運用成績によって、将来の保険金や解約返戻金の支払いが変動することになる)

なお、保険会社が契約者から預かった保険料の運用を行う勘定には「特別勘定」の他に、一定の予定利率を契約者に保証するタイプの保険資産を運用する「一般勘定」があります。