再調達価額

読み方: さいちょうたつかがく
分類: 保険|損害保険

再調達価額は、損害保険で使われる用語で、保険契約の対象である物と同等(同一)の物を再度取得するために必要となる金額のことをいいます。これは、実際の損害が生じた地および時において、保険の対象と同一の質・用途・規模・型・能力のものを再取得するのに要する金額を指します。

例えば、火災保険保険金額を設定する際には、再調達価額をもとにする方法と、時価額をもとにする方法とがあります。通常、前者の再調達価額については、現在住んでいる建物または所有する家財と同等の物を新たに建築または購入するのに必要となる金額をいうのに対して、後者の時価額については、同等の物を新たに建築または購入するのに必要となる金額から、経過年数や使用による消耗分を差引いた金額をいいます。

一般に火災保険では、建物や家財が火災等で罹災した場合、保険金額を時価に設定した場合、現状復帰するためには保険金だけでは足りないことになります。そのため、万が一のための十分な補償を確保するには、「再調達価額」を基準に設定し、また「保険金額=再調達価額」に設定することが必要となります。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

自動車保険の一括見積もりサイトは数多くありますが、その中でどれがよいかよく分からないという方も多いのでは? そんな方には、東証一部上場のSBIホールディングスが運営するインズウェブが便利。日本最大の20社に見積りが可能!

インズウェブ自動車保険一括見積りサービス