保険料率

読み方: ほけんりょうりつ
分類: 保険料

保険料率は、保険料を算出する際に用いる割合のことで、単位保険金額あたりの金額で表されるものをいいます。これは、生命保険損害保険では、単位保険金額に対する保険料の割合であり、例えば、保険金額1,000円あたり1円の保険料であれば「1円」、または「1パーミル」と表現されます(通常、火災保険の場合は1,000円、生命保険の場合は10万円など)。

一般に保険料率は、単位保険金額に対する保険契約者の支払う費用を表わし、任意の契約保険金額に対する総費用を表わす「保険料」とは異なる概念となっています。なお、本用語は、生命保険や損害保険の他に、公的年金や健康保険、介護保険、労災保険、雇用保険、預金保険、貿易保険など、公的部門でも広く使われています。

<公的年金の保険料率>

公的年金においては、年金給付の原資となる「保険料を算出する際に用いる乗率」という意味で使われている。例えば、厚生年金保険の保険料は、月例給与相当額(標準報酬月額)と賞与の額(標準賞与額)に各々の保険料率を乗じて算出し、それを事業主と従業員が折半で負担することになっている。