会社役員賠償責任保険

読み方: かいしゃやくいんばいしょうせきにんほけん
分類: 保険|種類

会社役員賠償責任保険は、「D&O保険」とも呼ばれ、会社役員としての業務が原因で、保険期間中に損害賠償請求がなされたことによって被る損害を、総支払限度額の範囲内で支払う保険をいいます。これは、契約者が法人(会社)で、被保険者が会社役員で契約され、保険期間中に株主代表訴訟や第三者訴訟などにより損害賠償請求を受けた場合に、「法律上の損害賠償金」および「争訟費用」の損害に対して保険金を支払うものです。現在、上場企業の多くが加入していますが、補償額は10億円以下がほとんどで、欧米の企業より小さいため、上限以上の支払いが必要になった場合は役員の自己負担となることもあります。

なお、2015年4月から独立行政法人の役員も損害賠償責任を負うようになり、また2015年6月から上場企業で複数の社外取締役の選任を求められるようになり、時代と共に補償ニーズが高まる中、損害保険会社では、社外取締役の補償を他の役員よりも手厚くしたり、基本契約の補償上限を大幅に引き上げたり、弁護士紹介サービスを提供するなど、D&O保険の拡充を図っています。

<想定される損害賠償請求例>

・新規事業の失敗で多大な損失となり、本業の業績が大幅に悪化したことから、新規事業への過大な投資判断に重大な過失があったとして、株主から損害賠償請求を受けた。

・従業員の不正取引により会社が巨額な損失を被ったことに対して、役員としての監督義務を果たしていなかったとして、株主から損害賠償請求を受けた。

・ハラスメント行為を防止する適切な内部統制システムを構築しなかったとして、ハラスメントの被害にあった従業員等から損害賠償請求を受けた。

※D&O:Directors and officers

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

自動車保険の一括見積もりサイトは数多くありますが、その中でどれがよいかよく分からないという方も多いのでは? そんな方には、東証一部上場のSBIホールディングスが運営するインズウェブが便利。日本最大の20社に見積りが可能!

インズウェブ自動車保険一括見積りサービス