年平均利回り

読み方: ねんへいきんりまわり
分類: 利回り

年平均利回りは、単に「利回り」とも呼ばれ、一定期間に得られた収益(利子・配当等)を元本で割り、年換算したものをいいます。これは、一般的には、1年間の率で表示され、金利に相当する概念となっています。また、利回りとは区別して、運用期間が1年を超す場合の収益率を1年あたりの平均値に直したものだけを限定して言う場合もあります。

なお、本用語と関連したもので、少し異なる概念のものとして「利率」がありますが、利率は、金融商品を購入した時に、元本に対して支払われる利息の割合のことをいい、通常は年換算した「年利率」で表示されます。

<年平均利回りの計算例>

例えば、元本100万円を運用して、5年後の満期時に元利合計で110万円を受け取った場合、年平均利回りは{(10万円÷100万円)÷5年}×100=2.0%となる。