国土交通省(国交省)

読み方: こくどこうつうしょう
英語名: Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism
分類: 日本経済|行政

国土交通省は、「国交省」とも呼ばれ、日本の行政機関の一つで、2001年1月の中央省庁等改革に伴う新体制への移行を機に、旧北海道開発庁、旧国土庁、旧運輸省、及び旧建設省を母体として設置された中央省庁をいいます。これは、国土の総合的かつ体系的な利用、開発や保全、そのための社会資本の整合的整備、交通政策の推進、気象業務の発展、海上の安全と治安の確保などを担っており、総合的な国土交通行政を展開しています。

国土交通行政の使命

人々の生き生きとした暮らしと、これを支える活力ある経済社会、日々の安全、美しく良好な環境、多様性ある地域を実現するためのハード・ソフトの基盤を形成すること。また、行政上の目標は、自立した個人の生き生きとした暮らしの実現、競争力のある経済社会の維持・発展、安全の確保、美しく良好な環境の保全と創造、多様性のある地域の形成の5つとなっている。

国土交通省の任務

国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発展並びに海上の安全及び治安の確保を図ることを任務とする。(国土交通省設置法第3条)

国土交通省の組織

●大臣・副大臣・大臣政務官

国土交通大臣、国土交通副大臣、国土交通大臣政務官

●本省内部部局

大臣官房、総合政策局、国土政策局、土地・建設産業局、都市局、水管理・国土保全局、道路局、住宅局、鉄道局、自動車局、海事局、港湾局、航空局、北海道局、政策統括官、国際統括官

●施設等機関

国土交通政策研究所、国土技術政策総合研究所、国土交通大学校、航空保安大学校

●特別の機関

国土地理院、小笠原総合事務所、海難審判所

●地方支分部局

地方整備局、北海道開発局、地方運輸局、地方航空局、航空交通管制部

●外局

観光庁、気象庁、運輸安全委員会、海上保安庁