国庫負担金

読み方: こっこふたんきん
分類: 日本経済|財政

国庫負担金は、「国庫支出金」の一つで、地方公共団体が法令の定めるところにより実施しなければならないとされている国が共同責任を持つ事務事業のうち、全国的に一定の水準を維持し、併せて地方公共団体の財政負担を軽減するために、国と地方公共団体との間の経費負担区分に基づき、国が一定割合を義務的に負担するものをいいます。これには、義務教育費国庫負担金や公立学校施設費国庫負担金、生活保護国庫負担金などがあります。

一般に国庫支出金とは、国が資金の使途を特定して、地方公共団体に交付する支出金の総称をいい、主なものとしては、国庫負担金、国庫補助金国庫委託金などがあります。現在、日本において、地方公共団体が行わなければならない事務事業のうち、主として国の事務的性格を有するものや、国と利害関係があるもの、および国の施策や地方公共団体の財政上特別の必要があるものなどについては、その費用の一部または全部を国が支出することとされています。