銀行印

読み方: ぎんこういん
分類: 印鑑|種類

銀行印は、「銀行取引印」や「銀行届出印」とも呼ばれ、日本の銀行信用金庫信用組合労働金庫などの金融機関で口座開設をする時に押印する(登録する)印鑑をいいます。また、一部の金融機関では、印鑑の代わりに、署名(サイン)で対応しているところもあります。

一般に銀行印は、金融取引において非常に大切なものなので、紛失・破損しないように保管には十分な注意が必要です。特に通帳(口座情報)と銀行印があれば、本人でなくてもお金を引出すことができるので、盗難などにはご注意ください。また、取引する金融機関によって銀行印が異なる場合、どれが該当する印鑑であるのか分からなくなることもあるので、後で(常に)分かるようにしておくことも必要です。

なお、銀行印を紛失した場合や別の印鑑に変更する場合には、取引する金融機関で所定(改印)の手続きが必要となります。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。