戸籍の附票

読み方: こせきのふひょう
分類: ライフプラン|戸籍

戸籍の附票は、新しく戸籍を作った(本籍を定めた)時以降の「住所の履歴(移り変わり)」が記載されているものをいいます。これは、住所地の市区町村で管理される住民票とは違い、本籍地において戸籍とセットで管理されているので、「戸籍の附票の証明」を請求する際には本籍地で行う必要があります。(住所の履歴を確認できる場合があるため、車の廃車や名義変更の時などに利用することがあり)

一般に戸籍の附票は、その戸籍に入っている全ての人について住所を記録したものであり、本籍地で統一的に管理されているため、様々な市区町村に住所を変えたとしても、その一連のつながりが一目で分かります(戸籍に記載されている人が住所の変更を行うと、戸籍の附票に新たな住所が記載)。ただし、婚姻や離婚などにより戸籍が新しくなった場合には、附票もその新しい戸籍と共に管理されるため、住所変更のつながり全てが分かるとは限りません。ちなみに住民票は、市区町村単位のため、市区町村を超える住所変更は「どこから来て、どこに行ったのか」ということしか分かりません。

<戸籍の附票の記載事項>

・氏名
・住所(戸籍を作成した時の住所から順に記載)
・住所を定めた日

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。