元金均等返済

読み方: がんきんきんとうへんさい
分類: ローン|返済

元金均等返済(元金均等返済方式)は、ローンの返済方式の一つで、元金を均等割にして返済することをいいます。これは、借入金額返済回数で割って出した毎回同額の元金に、残高に対する利息を上乗せして返済する仕組みで、最初のうちは支払利息が多いため、元金と利息を合計した返済額は多くなりますが、時間の経過と共に支払利息が減るため、次第に返済額は小さくなります。(返済額に占める元金の金額が一定で、利息のみが変化する仕組みで、返済負担は、返済を始めた当初が一番大きく、返済が進むにつれて段々と小さくなる)

一般に元金均等返済では、毎回一定額の元金を返済していくため、「元利均等返済」に比べて、ローン残高が確実に減っていき、トータルで支払う利息が少なくなることが最大のメリットと言えます。その一方で、返済開始当初の負担が大きいため、例えば、共働き夫婦などで収入が多く、金銭的な余裕があるうちに多めに返して後で楽をしたいという人(将来よりも今の方が経済的に余裕がある人)などに適しています。ちなみに、住宅ローン固定金利で借りた場合、金利返済期間が同じなら、元金均等返済の方が当初の返済負担は大きいものの、総返済額(=元本+支払利息)では元利均等返済に比べて小さくなります。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。