日本信用情報機構(JICC)

読み方: にほんしんようじょうほうきこう
英語名: Japan Credit Information Reference Center Corp.
分類: 協会・機関

日本信用情報機構は、「JICC」とも呼ばれ、日本において、信用情報の収集・管理・提供・開示等の事業を行っている個人信用情報機関のことをいいます。これは、1986年に前身となる会社が設立されて以来、消費者信用産業の健全な発展と消費者の信用力を支える信用情報機関として、信用情報のプライバシー保護と利用のバランスを図りながら多様な発展を遂げており、今日では、消費者金融会社クレジット会社金融機関、保証会社などが入会する、日本で唯一の全業種に対応した国内最大規模の信用情報機関として基盤を確立しています。

現在、JICCは、消費者と会員会社との信用取引に関する契約内容や返済状況などの信用情報を常に正確かつ最新の状態で管理・提供する事業を通じて、消費者と会員会社の「信用」の架け橋を築くことを使命としています。なお、JICCは、2010年3月に貸金業法に基づく「指定信用情報機関」として、内閣総理大臣の指定を取得しています。

<JICCの事業内容>

●会員会社向けサービス

信用情報提供サービス、法人情報サービス(BL)、電話番号検索サービス(CRDB)

●消費者向けサービス

信用情報開示制度、本人申告制度

※現在の会社形態は、2009年4月にテラネットが全国信用情報センター連合会加盟の33情報センターから事業承継を受け、商号変更して発足し、同年8月にシーシービーを吸収合併して確立。

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。