執行役員

読み方: しっこうやくいん
英語名: Officer
分類: 組織/役員

執行役員は、会社業務の運営に対して、責任と権限を持つ役職をいいます。これは、代表取締役の指揮命令下にある会社使用人であり、法的な取締役とは異なり、取締役会の意思決定に直接は参加せず、取締役会から与えられた執行権限を用いて、担当する会社業務の執行に専念することになります。ただし、企業によっては、取締役を兼ねることもあり、その場合は取締役会の意思決定にも参加することになります。

日本では、1997年にソニーが「執行役員制」を導入して以降、経営の意思決定・監督機関としての「取締役会」とその意思決定に基づく「業務執行機能」を分離し、双方の機能強化を目指す取締役会改革の一環として、本制度を導入する企業が増加することになりました。

執行役員の位置づけ

取締役会設置会社において、業務執行を取締役でない執行役員に委任する場合、会社の重要な使用人として、取締役会が執行役員の選任及び解任を行います。現在、執行役員という役職は、法律上は定められていない会社内部の任意的機関であるため、運用面では、その地位や権限・責任等について明確でないといった問題点もあります。

ちなみに、執行役員と似た用語に「執行役」がありますが、これは委員会設置会社において、取締役会の意思決定に基づいて業務執行を担当する役員のことをいいます。

執行役員の種類

執行役員は、採用している会社によって、役職名に違いがありますが、代表的なな種類として以下があります。

社長執行役員
執行役員の中で、最高地位にある者。

副社長執行役員
執行役員の中で、社長執行役員に次ぐ、地位にある者。

専務執行役員
執行役員の中で、社長執行役員、副社長執行役員に次ぐ、地位にある者。

常務執行役員
執行役員の中で、専務執行役員と執行役員の中間の地位にある者。

|執行役員|
執行役員の中で、一番下位の地位にある者。人数は一番多く、また役員への登竜門であり、実力が試される。