外国人投資家

読み方: がいこくじんとうしか
英語名: Foreign investors
分類: マーケット|市場参加者

外国人投資家は、日本の市場(マーケット)に投資する「外国籍の投資家」の総称をいいます。これは、海外の年金基金や投資信託、保険会社、運用会社、ヘッジファンドなどの法人や、海外在住の個人投資家をいいます。また、外為法第26条第1項によると、1.非居住者である個人、2.外国法令に基づいて設立された法人その他の団体又は外国に主たる事務所を有する法人、3.本邦の会社であって1.又は2.に掲げるものが実質的に支配していると認められるもの、4.非居住者である個人が、その役員又は代表権を有する役員のいずれかの過半数を占める法人の場合を「外国投資家」であると規定しています。

一般に外国人投資家は、日本において、証券市場(株式、債券等)や不動産市場などに幅広く投資していますが、その中でも証券市場での売買シェアが高く、非常に大きな影響力を持っています。実際に、一つの投資主体として投資資金が巨大である上、日本人とは異なる視点や価値判断のもとに投資方針を決定するため、その動向は重要な情報の一つとして常に注目されています。特に株式市場においては、外国人投資家の売買動向によって相場が大きく左右されるため、東京証券取引所が毎週発表する「投資主体者別売買動向」はチェック(把握)しておいた方がよいでしょう。

なお、外国人投資家にとっては、日本市場はアジア地域の一市場であり、近年ではアジア諸国の発展により、アジア地域の投資に占める日本の相対的な割合は低下傾向にあります。