改築

読み方: かいちく
分類: 不動産|建築

改築は、法令上の扱いでは、従前の建築物の全部もしくは一部を取り壊して除却すると同時に、それと位置や用途、構造、階数、規模などがほぼ同じものを建てることをいいます(この場合、使用材料の新旧は問われない)。これは、一般的な意味では、建築物の外部や内部に手を加えるリフォーム工事を指すことが多いです。また、元の建築物と著しく異なる場合には、新築または増築となります。

現在、建築基準法では、改築も「建築」の一種とされており、改築についても小規模なものを除き、建築確認を申請する必要があります。なお、本用語と似たようなものに「改装」がありますが、これは建物の外観や内装などを新しく変えることを言います。