建築基準法

読み方: けんちくきじゅんほう
分類: 不動産|法律

建築基準法は、国民の生命・健康・財産の保護のため、建築物敷地・設備・構造・用途について最低基準を定めた法律をいいます。これは、建築活動を規定する最も基本的な法律であり、同法に基づいた建築確認を受けることにより、日本国内で建築活動が可能になっています。なお、同法は、都市計画法と並び、都市計画に関する基本法とされています。

建築基準法の目的(第1条)

この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする。

建築基準法の構成(全体概要)

第一章 総則
第二章 建築物の敷地、構造及び建築設備
第三章 都市計画区域等における建築物の敷地、構造、建築設備及び用途
第四章 建築協定
第四章の二 指定建築基準適合判定資格者検定機関等
第四章の三 建築基準適合判定資格者等の登録
第五章 建築審査会
第六章 雑則
第七章 罰則
附則