敷地

読み方: しきち
分類: 不動産|土地

敷地は、簡単に言えば、「建築物のある土地」のことをいいます。これは、国語辞書では「建物を建てたり、道路や堤防などの施設を設けるための土地」と記され、また建築基準法施行令第一条では「一の建築物又は用途上不可分の関係にある二以上の建築物のある一団の土地」と定義されています。通常、建物が一棟の場合は、その建物のある土地を指し、また母屋と離れなど用途上分離できない二棟以上の建物がある場合は、その建物のある土地全体を指し、同一敷地にあるものとみなすことになっています。

なお、マンションなどで、建物の敷地ではありませんが、建物の敷地と一体的に利用される土地を「規約敷地」と言い、建物を利用する上で必要な駐車場や通路、庭園などが別個に処分されてしまう事態を防ぐため、規約によってそれらを敷地に含めています。