借家権割合

読み方: しゃっかけんわりあい
分類: 権利

借家権割合は、所有家屋を貸している場合に、通常の家屋の評価額に対する貸家の評価額(借家権部分)の割合のことをいいます。これは、国税局長の定める割合によって決まりますが、現在、全国のほとんどの地域が30%となっています。

一般にアパートや店舗など貸家に供されている建物については、借家人の権利が付着しているため、通常の家屋の評価額から借家権部分を控除した額が貸家の評価額となります。

<本用語の使用例>

・財産評価基準書 東京都 借家権割合
・貸家建付地の評価の減額割合は「借地権割合×借家権割合」
・不動産投資の賃貸物件は、借家権割合が加味されるため、相続税での評価額は低くなる傾向がある