借地権割合

読み方: しゃくちけんわりあい
分類: 不動産|権利

借地権割合は、土地の権利が借地権建物の所有を目的とする地上権又は土地賃借権)の場合に、更地評価額(更地の時価)に対する借地権価額の割合のことをいいます。これは、土地の価格の内、借地権者に帰属する経済的利益を示すとされ、地域特性など借地事情によってそれぞれ異なります。通常、地価が高いほど借地権割合も高くなり(相対的に底地評価が低くなり)、商業地では8~9割、住宅地では6~7割程度の場合が多いとのことです。

一般に相続税贈与税は、借地権に対しても課税されますが、その際の評価額の算出において、国税庁が公表する路線価図や評価倍率表に借地権割合が表示されています。なお、市場における借地権割合と税務上の借地権割合は、必ずしも一致するとは限らないのでご注意ください。