ストップ高

読み方: すとっぷだか
分類: 高安

ストップ高は、主に株式相場や商品先物相場などで使われる用語で、1日の設定された変動幅の上限まで相場(価格)が上昇することをいいます。これは、取引所において、価格が急激に変動(上下)し、市場が混乱することを防ぐために、1日の価格の値動きの幅を制限(値幅制限)するもので、その際の制限に達することを「ストップ」と言い、その価格を「ストップ値」と言います。また、これとは反対(逆)に、1日の設定された変動幅の下限まで価格が下落することを「ストップ安」と言います。

現在、日本株においては、ストップ高として、株価が100円未満の場合は30円、200円未満は50円、500円未満は80円、700円未満は100円、1,000円未満は150円、1,500円未満は300円、2,000円未満は400円、3,000円未満は500円、5,000円未満は700円、7,000円未満は1,000円、1万円未満は1,500円などとなっており、1日にこれ以上は値上がりしません。

※かつてJASDAQで採用されていたマーケットメイク銘柄では値幅制限がなかった

<本用語の使用例>

・○○が東証マザーズで一時ストップ高まで買われた
・米商品市場では、小麦の先物相場がストップ高を付け、過去最高値を更新した
・前日までの下げで値ごろ感が出た銘柄が買われ、不動産株ではストップ高近くまで上げる銘柄が続出した