失望売り

読み方: しつぼううり
分類: 売買

失望売りは、マーケット全般で使われる用語で、相場(価格)の上昇を期待して購入された投資対象(銘柄等)が、上昇の見込みがないと判断されて売却されることをいいます。これは、株式市場においては、業績の悪化や提携交渉の失敗など、何らかの悪材料が出た場合に行われることが多いです。

<本用語の使用例>

・決算発表で、通期計画を据え置いたことが失望売りを誘ったようだ
・予想外の大幅赤字見通しを受けて、失望売りが先行する展開となった
・ドルは、一部、日銀の緩和強化策を期待していた向きから失望売りが出た