散発高

読み方: さんぱつだか
分類: 高安

散発高は、主に株式相場で使われる用語で、市場全般に活気がなく、どちらかと言うと低迷している中、ポツポツと値上がりする銘柄がある状態をいいます。これは、個別物色の相場で、通常、材料株を中心に買われる傾向があり、また物色の対象が少ないため、一部の銘柄に買いが集中し、株価が大きく上昇することもあります。その反面、物色される銘柄があっても長続きしなかったり(下落に転じるリスクがあったり)、全体的に活気づく流れに繋がらないことが多いです。

<本用語の使用例>

・新興株式市場はまちまち、バイオ株などが散発高
主力株を中心に売りが目立つ展開の中、個別に材料の出た銘柄が散発高する展開となった