底をつく

読み方: そこをつく
分類: 視点

底をつくは、マーケットにおいては、「底をたたく」とも呼ばれ、相場が下がるだけ下げて、これ以上下がらない状態になることをいいます。これは、相場が底値圏まで下がりきった状態のことを指し、また相場が下がるだけ下げて、下げ止まることを「底入れ」と言います。ちなみに、本用語は、日常的には、蓄えてあったものが全部なくなることを意味します。