イナゴ投資家

読み方: いなごとうしか
英語名: Locust Investor
分類: 俗語

イナゴ投資家は、株式相場で使われる用語で、「イナゴトレーダー」とも呼ばれ、特定の材料株回転売買を短期で繰り返す個人投資家のことをいいます。これは、稲穂に群がるイナゴに例えた俗語で、かつては、期末の資金手当てのため、秋に株式含み益を確定する個人投資家のことを指していましたが、今日では、ある材料に大きく反応して、一斉に取引に参加(集中)し、あっという間に離散する投資行動をとる個人投資家のことを指します。

一般にイナゴ投資家が群がった銘柄は、出来高が急増し、株価急騰急落を引き起こすことが多く、またイナゴ投資家の短期売買によって作り出された、タワーのようなチャート形状は「イナゴタワー」と呼ばれています。