年初来安値

読み方: ねんしょらいやすね
分類: 株価

年初来安値は、株式債券為替コモディティなど、マーケット全般で使われる用語で、年初から現在までに取引された中で「最も安い値段」のことをいいます。これは、通常、暦年基準(1月1日~12月31日)を意味しますが、日本の株式市場では、1月1日~3月31日については「前年の1月1日~当日の安値が年初来安値(昨年来安値)」、4月1日~12月31日については「今年の1月1日~当日の安値が年初来安値」としています(比較する期間が短すぎると、指標の意味合いが薄れるための対応)。

一般にマーケットの主要な指標(株価指数商品指数など)において、年初来安値の更新が連日続くと、市場に"緊張感"や"不安"が広がるようになります。なお、「年初来安値」に対して、その年で最高の値段のことを「年初来高値」と言います。