空売り比率

読み方: からうりひりつ
英語名: Short interest ratio
分類: 株式|指標

空売り比率は、株式の信用取引において、空売り信用売り)されたまま、買い戻されていない株数の比率のことをいいます。また、空売りとは、相場株価)の下落を収益機会として、自分が持っていない株を他から借り入れて売ることをいいます。

一般に空売り比率は、空売りされている株数(売り残)を、その株の30日あるいは90日間の平均出来高で割って算出することが多いです。通常、株式市場では、本比率が上昇すると、ショートカバー(空売りの買い戻し)の期待が高まることから、株価上昇のきっかけとなることがあります。

なお、東京証券取引所では、市場全体の売りに占める空売りの割合である「空売り比率」を日々発表しており、これは日本経済新聞(朝刊)のマーケット欄にも掲載されています。

・空売り比率(%)=(売残株数/出来高)×100

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。