練行足

【読み方:れんこうあし、分類:チャート】

練行足は、「練り足(ねりあし)」とも呼ばれ、「カギ足」や「新値足」と同様、時間の概念を取り去った非時系列チャートの一つをいいます。これは、一定の値幅を決め、その値幅以上に動いた時だけ、新たに値幅分の足を記入し、上昇時は「陽線」、下降時は「陰線」を記入します(一定の変化が見られない時は何も記入せず)。また、陽転または陰転となるは、反対方向へ決めておいた値幅の2倍以上の値動きがあった時に記入します。

一般に練行足では、上方に陽転換すると「買いサイン」、下方に陰転換すると「売りサイン」と判断します。なお、設定した値幅に満たない値動きは反映しないため、トレンド転換のタイミングは結構遅れて表れるという性質があり、短期トレードの判断には不向きで、中長期投資の判断に適しています。(値動きが小さい時はチャート上の時間が圧縮され、値動きが大きい時はチャート上の時間が伸長するといった特徴がある)