ETN

ETNは、"Exchange Traded Note"の略で、「上場投資証券」や「指標連動証券」とも呼ばれ、ETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)と同様、価格が株価指数や商品価格などの特定の指標に連動する上場商品をいいます。これは、発行体(大手金融機関)がその信用力をもとに、価格が特定の指標に連動することを保証する債券(証券)であるため、ETFとは異なり、証券に対する裏付資産を持たない(必要としない)という特徴があります。

現在、欧米市場では、ETNはETFに次ぐ上場商品として活発に取引が行われており、また日本市場では、東京証券取引所の上場規則改正により、2011年4月から上場が解禁されています。(欧州では「Listed Certificates」と呼ばれている)

ETNの基本的な仕組み

ETNは、発行市場において、以下のような仕組みとなっており、発行体となる大手金融機関が指標に連動する価格での常時買取・常時償還を保証することにより、指標との連動性を確保しています。

(1)信用力のある大手金融機関(発行者)が大口投資家からの設定請求により、指標に連動した価格でETNを発行する。
(2)大口投資家は、常時指標に連動した価格でのETNの償還を発行者に請求することができる。
(3)マーケットメーカーである大口投資家は、発行されたETNを市場に供給し、一般の投資家は流通市場でETNを売買することができる。

なお、東京証券取引所への上場対象は「JDR形式(Japan Depositary Receipt:日本型の預託証券)」であり、実際に供給・流通されるETNはJDR形式となるため、その償還については、JDRの委託者である国内法人に対して買取請求することになります。

ETNの主な特徴

ETNは、ETFと共に、一つの有力な投資対象として、以下のような特徴があります。

・発行体(大手金融機関)が対象指数との連動性を保証することになるため、裏付けとなる現物資産は保有していない。
・外国人への投資規制が存在する新興国の株式や希少資源、時間の経過と共に劣化する農産物などのように、ETFでは組成困難な対象指標にも連動が可能である。
・ETFでは、現物資産を購入して運用するため、運用の結果次第ではETFの基準価格と対象指標の間にトラッキングエラー(ズレ)が生じる場合があるが、ETNでは、発行体(大手金融機関)が対象指標とETNの償還価額が連動するよう保証するため、運用に掛かる手数料分を除き、トラッキングエラーは発生しない。
・現物資産を保有しないため、管理運用コストが低廉になる。
・発行体(大手金融機関)の信用力をもとに発行されるため、発行体の倒産や財務状況の悪化などの影響により、ETNの価格が下落または無価値となることがある(発行体の信用リスクには十分に留意が必要)。

金融商品ガイド

基本商品解説

連動対象カテゴリー