資本還元率

読み方: しほんかんげんりつ
分類: 財務分析

資本還元率は、収益還元法において、将来にわたる収益現在価値に修正するために用いられる率をいいます。

収益還元法とは、企業の収益性を指標とした評価方法である「インカムアプローチ」の一つで、企業が将来生み出すと予想される収益を現在価値に変換して企業価値を評価するものであり、非事業用資産を考慮しない場合、企業価値は予想される収益(平均収益額)を資本還元率で割って算出されます。

 企業価値=平均収益額÷資本還元率

一般に資本還元率は、市場金利(長期金利)や調達金利などにリスク(危険率)を加味して決定され、また危険率については、評価対象会社の規模や業種、経営環境、市場動向などを総合的に判断して決定されます。