為替マリー

読み方: かわせまりー
英語: Exchange marry
分類: 外国為替取引

為替マリーは、「通貨マリー」とも呼ばれ、外国為替取引において、同一通貨の売りと買いを結びつけることによって、為替持高を相殺することをいいます。本来的には、為替売買益 (マリー益) の取得を目的としたものですが、銀行等の金融機関では、自行内で為替の売りと買いを見合わせ、持ち高の調整を図る操作となっています。

一般に為替マリーは、為替変動リスクを回避する手法の一つですが、マリーだけでは相殺できない為替の持高がある場合には、外国為替市場で直物取引や先物取引を行うことによって持高をスクエアにします(これを「カバー(出合い)を取る」と言う)。