昨年来安値

読み方: さくねんらいやすね
分類: 株価

昨年来安値は、マーケット全般で使われる用語で、株式や債券、通貨、コモディティなどの価格のうち、前年からの最安値をいいます。

株式の中で、日本株については、1月~3月の間は、前年1月以降、最も安い株価を付けた場合に「昨年来安値(年初来安値)を更新」と言うのに対して、4月~12月の間は、その年の1月以降、最も安い株価を付けた場合に「年初来安値を更新」と言うので、ご注意ください。

一方で、昨年来安値とは反対に、前年からの最高値を「昨年来高値」と言います。

<本用語の使用例>

・豪ドルは、昨年来安値の72円割れ目前まで一時急落した
・上海総合指数は4営業日ぶりに反落し、昨年来安値に迫る
・最終赤字に転落する見通しとなった○○が昨年来安値の599円を割り込んだ