バリュー投資

読み方: ばりゅーとうし
分類: 株式投資

バリュー投資(バリューアプローチ)は、「割安株投資」とも呼ばれ、企業の価値を分析して、利益や資産などの基準に対して割安なものに投資する手法をいいます。

株式投資において、ポートフォリオ構築のために使われる手法の一つで、企業の本来の価値に対する「株式(株価)の割安度」を特に重視することになります。

バリュー投資の視点

バリュー投資をするにあたって、割安度(Undervaluation)を判断する際には、市場平均と比べて、株価収益率(PER)や株価純資産倍率(PBR)の低いもの、配当利回りの高いものなどが代表的な選択基準となります。

そして、これらの基準をもとに、現在の株価が市場で割安に置かれている企業(銘柄)がその対象となります。

バリュー投資の特色

バリュー投資は、最終的に成功した場合、大きなリターンを得られますが、一方で将来的に市場で再評価されて株価が大きく上昇する可能性のある銘柄(バリュー株)を見極めることは結構難しいです。

これに関しては、単に指標面を見るだけでなく、その銘柄の実体面(事業内容や競争優位性など)もよく調べることが重要となります。