額面株式

読み方: がくめんかぶしき
分類: 株式区分

額面株式は、「額面株」とも呼ばれ、額面金額の定めがある株式をいいます。

無額面株式に対する用語(概念)で、その昔、会社の定款に一株の金額が定められており、株券に額面金額が記載されていました。また、額面金額には、20円、50円、500円、50000円の4種類がありました。

2001年の商法改正により、時代の流れの中で存在意義がなくなったことから額面株は廃止され、以降、日本においては、額面・無額面の区別がなくなり、株式は全て無額面となりました。