逆三尊

【読み方:ぎゃくさんぞん、分類:チャート】

逆三尊は、「ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム」とも呼ばれ、三つの谷形を作り、中央の谷が最も低く(深く)なるようなチャートパターンをいいます。

相場において、安値圏で時折見られる形状で、二回目の安値が一回目の安値を一度は超えるも反発し、その後、再び安値更新を目指すも、三回目の安値が二回目の安値を超えずに反転・上昇していく値動きとなっています。

逆三尊

一般に逆三尊は、チャート上で頻繁に現れないため、ダブルボトムより強いトレンド転換(上昇トレンド入り)のサインと言われ、特に安値圏で出現した場合は、高い確率で強力な買いシグナルとなります。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集