エクスパンション

【読み方:えくすぱんしょん、分類:ボリンジャーバンド】

エクスパンション(Expansion)は、原義(英語)では、拡大や拡張、展開、膨張、発展といった意味があります。

テクニカル分析ボリンジャーバンドにおいては、バンド幅が広がって値動きが起こっている状況をいい、通常、ボラティリティが高まり、トレンドが発生する時に見られる形状となっています。

エクスパンションの例

ボリンジャーバンド(Bollinger bands)とは、トレンド系のテクニカル指標の一つで、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えたものをいい、主な形状として、以下の4つのものがあります。

・スクイーズ:バンド幅が収縮した状態
・エクスパンション:幅が拡大していく状態
・バンドウォーク:幅が拡大し、トレンドが継続している状態
・ボージ:バンド幅が一番拡大した状態

一般にエクスパンションは、スクイーズからバンド幅が拡大していくもので、新しいトレンドに入りつつあることを示唆します。この場合、大半の価格が入る「+2σ」ラインを超えてくるようであれば、大きなトレンドの変化があったとみなし、それを買いシグナルとして「順張り」する手法もあります。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集