限界利益

読み方: げんかいりえき
英語名: Marginal Profit
分類: 財務・会計|財務分析

限界利益は、企業の財務分析や管理会計で使われる指標で、売上高から変動費(材料費、人件費など)を控除したものをいいます。これは、言いかえれば(逆の視点から見れば)、利益と固定費の合計額にほかなりません。また、限界利益率とは、売上高に占める限界利益の割合をいいます。

一般に限界利益は、売上高と変動費の差額のため、損益分岐点売上高では、限界利益が固定費と同額となります。すなわち、企業は日々の事業活動をしていく中で、限界利益において固定費を回収することができ、その後、損益分岐点売上高より上になると、限界利益は固定費を回収してさらに利益も含むことになります。また、限界利益は、企業の内部分析でも使われ、例えば、部門毎や商品毎、地域毎など、それぞれに限界利益率を求めることで簡単に利益分析(収益性の明確化)をすることができ、改善すべき点を洗い出すのに便利です。

なお、限界利益は、固定費を賄う利益のため、固定費回収に貢献する利益という意味から「貢献利益」とも呼ばれます。

・限界利益=売上高-変動費=利益+固定費
・限界利益率=(限界利益÷売上高)×100