カード不正検知システム

読み方: かーどふせいけんちしすてむ
分類: クレジットカード|システム

カード不正検知システムは、「カード不正検索システム」とも呼ばれ、クレジットカードの不正使用のパターンを分析し、会員以外の第三者による不正使用を発見できるシステムをいいます。これは、大手のクレジットカード会社の信用管理センターなどで導入されており、本システムを使って24時間365日、専門スタッフによる不正の監視(モニタリング)が行われています。

一般にカード不正検知システムでは、利用者の購買情報(履歴)を蓄積して、その傾向をモデル化(スコアリング化やルール化)し、その傾向に合わないショッピングなどを抽出したり、クレジットカードの利用を一時停止したりする仕組みとなっています。また、監視用に端末には、「会員監視」と「加盟店監視」の二つのシステムが組み込まれており、常時、会員と加盟店の取り引きを画面上でチェックできるようになっています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。