クレジットカードとは何か?

クレジットカードとは、現金の持ちあわせがなくても、商品を買ったり、サービスを受けたりすることができるカードです。これは、「現金に代わる決済手段の一つであり、後払いで商品(サービスを含む)の購入ができるカード(システム)」と定義できます。

日常生活の中で、クレジットカードは、持っていれば何かと便利で、特に海外では、安全・安心と共に信用も得られます。一方で、とても身近なものでありながら、その詳しい仕組みや歴史については、あまり知られていないようです。そもそも、最初のクレジットカードとは、どのようなものだったのでしょうか?

クレジットカードの始まりは?

クレジットカードの始まりは、アメリカで1920年代に石油会社が発行したオイルカード(ガソリン購入用カード)だと言われています。また、その後のT&Eカード(トラベル&エンターティメントカード)の隆盛を経て、現在では、汎用カード(多目的=様々な店で様々な商品が購入できるカード)が主流となりました。ちなみに、汎用カードは、1950年のダイナースカードが最初です。

わが国では、1960年(昭和35年)に日本ダイナースクラブが、また1961年にジャパン・クレジット・ビューロー(現ジェーシービー)が設立されましたが、本格的に普及し始めたのは、1968年(昭和43年)以降、都市銀行が本格的に取り組み始めてからです。その経緯として、クレジットカードは、銀行にとっては、取引先層の拡大や流動性預金の獲得になるため、各銀行とも力を入れてきました。

クレジットカードの仕組みは?

クレジットカードの仕組みは、通常、以下のようになっています。

(1)クレジットカード会社は、申込者にカードを発行し、クレジットカード会員にする

クレジットカードは「会員組織」になっており、カード会社は、顧客に自社のクレジットカードを貸与し、顧客を「カード会員」にします。

(2)小売店をクレジットカード加盟店にする

クレジットビジネスにおける加盟店とは、クレジットカード会社または信販会社と契約している小売店等を指します。一方で、カード会員は、そのカード会社の加盟店でクレジットカードを使うことができます。

(3)会員は加盟店にカードを提示してサインすると、後払いで買い物ができる

利用時に、本人であるか、またカードが有効かどうかをチェックします。

(4)加盟店は会員の使った金額をカード会社に請求する

利用伝票をカード会社に送付します。

(5)カード会社が加盟店の請求に対して立替払いをする

カード会社は、小売店等に対し、一定の加盟店手数料を差し引いて、買い物金額を立替払いします。

(6)カード会社は会員から買い物代金を徴収する(決済口座からの自動引き落とし)

利用明細・請求書は、カード会社が会員に月1回送付します。通常、米国などでは、これに基づいて会員が支払いのための小切手を返送しますが、日本では、請求金額が預金口座から自動引き落としになります。

クレジットカードの加盟店手数料は?

加盟店手数料とは、クレジットカードの加盟店(小売店等)で、カード会員(消費者)がカードによる買い物をした場合、その加盟店がクレジットカード会社に支払う手数料のことです。通常、カード会社が加盟店に「立替払い」をする際には、加盟店手数料を差し引いた金額を支払うことになります。

クレジットカードの利用限度額は?

クレジットカードには、月間利用限度額、1回の利用限度額などが事前に決められています。また、これらのクレジットライン(与信限度額)とは別に、カード会員が一定金額以上の買い物をする場合は、カード呈示を受けた加盟店は、カード会社に対し、そのカード会員に対して、クレジット販売をしてよいかどうかの承認を求めることが義務づけられています。この場合のオーソリゼーション(承認要求)を必要とする一定基準の金額を「オーソリ限度額」または「フロアリミット」と呼んでいます。なお、加盟店端末機(CAT等)を設置している場合は、機械で自動的にチェックされます。