クレジットカードの選び方は?

現在、数あるクレジットカードの中から、どれを選ぶかとなると非常に難しい(悩ましい)ですが、これは自分のライフスタイルや好みによるとしか言いようがありません。実際に、「どれが一番おトクか」とか、「便利なのはどのカードか」というのは、その人のライフスタイルや好み次第です。ここでは、ライフスタイルや好み(タイプ)別にお薦めのカードを挙げてみました。

使えるところが多い方がいいと言う人には

国内・海外ともに加盟店が多い方がいいと言う人には、銀行系か信販系の国際ブランドの付いたカードをお薦めします。通常、欧米では、現金よりもクレジットカードの方が信用され、またカードを持っていないと泊めてくれないホテルもあるほか、レンタカーも借りられないことが多いです。

カードを使って社会貢献したいと言う人には

社会貢献型カードは、主に大手のクレジットカード会社が発行しています。これには、自然環境や稀少動植物の保護、教育・医療ボランティア活動などに携わる各種非営利団体・組織との提携カードがあり、利用金額の一部が、それらの団体・組織に寄付され、活動に役立てられます。

旅行が大好きと言う人には

航空会社が発行するクレジットカードは、利用状況に応じて、無料航空券がプレゼントされる「マイレージサービス」が好評です。また、カードによっては、飛行機以外にも、ホテルやショッピングに利用しても、そのポイントがマイルに加算されるものもあります。なお、旅行するなら、「海外旅行傷害保険」付きのカードをお薦めします。

利用限度額が大きい方がいいと言う人には

通常、利用限度額は、利用していると自動的に高くなりますが、それでも限度があります。この限度額について、「日常生活の中で気にしないで利用したい」という人には、「ゴールドカード」がよいかもしれません。年会費は1万円前後と高いですが、その分、いろいろなサービスが付いており、また「ステイタス」志向の方にもお薦めです。

買い物をする店は決めていると言う人には

普段の買い物で利用する百貨店やスーパーなどが、だいたい決まっている場合は、そこのカードが断然おトクです。通常、現金で普通に買い物をする場合は「正価」ですが、カードなら3~5%割引されることもあるほか、カードを提示するだけで、現金で買っても割引が適用になるものもあります。

クルマの運転が多く、ガソリンを安く入れたいと言う人には

ガソリンスタンドを運営する石油元売り会社が、銀行系や信販系のカード会社と提携したクレジットカードは、利用状況に応じてガソリン代(軽油・灯油も含む)が割引になるサービスが付与されています。また、その他にも、「どこの系列のガソリンスタンドを使ってもOKで、高速道路での利用もキャッシュバックの対象になる」というカードもあります。

とにかく安全第一!と言う人には

日常生活の中でカードは使いたいけれど、紛失したり盗まれたりして他人に使われるのが心配という人は、「写真付きカード」にしてはいかがでしょうか?、これは、カード会員本人の顔写真が券面に貼付(印刷)されているクレジットカードで、一部のカード会社で発行されています。実際にサインは真似できても、顔は変えられないので安心と言えます。