クレジットカードの便利な機能は?

クレジットカードの本来の機能は「後払い」機能ですが、この他にも、キャッシュレスの決済機能、金融(キャッシング・ローンサービス)機能、ID機能、国際為替機能、記録機能、安心・安全機能(多額の現金の持ち歩きが不要等)、リスクヘッジ(カード保険)、会員制機能、情報機能、システム対応機能(ATM、インターネット通販などに対応)など、様々な機能が挙げられます。ここでは、その内、会員にとって便利だと思われるものをいくつかご紹介します。

クレジットカードのクレジット機能

クレジット機能とは、クレジットカードの本質的な機能で、利用代金の後払いができるというものです。また、利用してから口座引落しまでの期間を「ユーザンス(支払猶予)期間」と呼んでいます。通常、日本では、カードの利用代金は金融機関の口座からの自動引落しになっていますが、欧米では請求書に基づいて小切手を送付して支払います。

クレジットカードの決済機能(キャッシュレス機能)

キャッシュレス機能とは、現金の代わりに利用代金の支払い(決済)を行なう機能です。通常、加盟店でカードを提示し、(機械での事務処理の後)本人であることを証明するために伝票にサインをしますが、インターネットのネットショップ、百貨店・スーパー等の食品売り場、コンビニや高速道路料金など、代金決済のスピードが要求され、かつ換金制の低い商品・サービスを利用する場合は、「サインレスシステム」を導入しているところも多いです。(サインの代わりに暗証番号を入力するシステムもあり)

なお、クレジットカードは、海外でもそのまま使えて、自動的にレート換算されますから、キャッシュレスの「国際通貨」機能もあるということになります。

クレジットカードの安心・安全機能

クレジットカードの一番のメリットは、「多額の現金の持ち歩きが不要」だということではないでしょうか? 特に治安の悪い国や地域では、現金の持ち歩きは非常に危険です。

クレジットカードの金融機能(キャッシング、ローン)

キャッシングサービスとは、小口の即時融資のことで、クレジットカードでお金を借りることができるものです。通常、利用限度額は数十万円が一般的で、たいていは、カード会社や提携銀行のATMやCDを利用します(返済は、通常のカードの場合、翌決済日一括払いになる)。また、クレジットカードの「カードローン」というものもあり、これはキャッシングサービスとは別に、カード会社が会員向けに行っている融資制度で、キャッシングよりも大きな資金が借りられます。

一般にカード会社は、カードローンを希望する会員に対して、個別に審査をした上で、カードの利用限度額とは別にカードローンの利用枠を設定します。そして、会員は利用枠内であれば、ATMやCDで自由にお金を借りることができます(返済はリボルビング方式)。その他にも、「少しの間だけ借りたい」という場合には、「短期間キャッシング」というものもあり、多くは5日間以内のキャッシングサービスで、カード会社の提携しているATMやCDから、カードを使って自動的に融資が受けられます。

クレジットカードのID機能

IDとは、「身分証明」のことをいいます。これは、クレジットカードの場合、支払いが可能な人物であることの証明になるため、海外の有名ホテルに泊まったり、レンタカーを借りたりする際には必須となります。なお、パスポートにもID機能はありますが、これは「本人である」ことを証明する(発行した国が保障する)もので、「支払いができる」ということとは無関係です。

クレジットカードのサービス付加機能

クレジットカードのサービス付加機能には、割引や優待、各種保険、ラウンジサービスなど、様々なものがあります。