クレジットとは何か?

現代は「カード社会」とも言われ、世の中には、様々なカードが出回っています。お金に関するカードだけでも、前払い式のプリペイドカード、預貯金の出し入れのためのキャッシュカード※、ローンキャッシングのためのカード、電子マネーが使えるカード、そしてクレジットカードがあります。

これらのカードの中で、クレジットカードの「クレジット(credit)」とは、ラテン語の「クレド(cred=われ信ず)」を語源としており、もともとは「信用」を意味します。そして、クレジットビジネスは、日本では「消費者信用」と訳され、また消費者信用(consumer credit)とは、文字通り「消費者」の「信用」を最大の担保として行なわれる信用供与サービスをいいます。

一般に消費者信用をビジネスとする企業の集まりを「消費者信用業界」あるいは「クレジット業界」と言います。具体的には、クレジットカード会社信販会社、メーカー割賦会社、消費者金融会社、小売店のクレジット販売部門、銀行などが含まれます。そして、消費者信用は、商品を後払いで販売する「販売信用」と、直接金銭を貸し付ける「消費者金融」に大別されます。

※キャッシュカード:デビット(=即時払いのカード)としても利用できるようになっている。

販売信用と消費者金融について

消費者信用において、販売信用には、「割賦方式(月賦などの分割払い)」と「非割賦方式(一括払い)」があります。いずれも、消費者が物資やサービスを購入した時点では代金を支払わず、後日、一括あるいは分割して返済する方法です。また、契約方法には、取引ごとに契約を結ぶ「個品方式」(信販会社では「ショッピング・クレジット」と呼ぶこともある)と、包括的な契約を結びカードを発行する「カード方式(総合方式)」があります。

一方で、消費者金融は、融資業者が消費者に対して債権者となり、金銭を貸し付けることをいいます。これについては、消費者金融専業会社のほか、クレジットカード会社、信販会社、銀行など金融機関でも取り扱っています。具体的には、「消費者ローン(キャッシング、カードローン)」や「定期預金担保貸付」などがあり、資金使途は一般的な消費です。(通常、住宅ローンは含まれません)

消費者信用産業の市場規模は?

現在、消費者信用産業の市場規模については、(社)日本クレジット協会の調査結果である「日本のクレジット統計」で知ることができます。それによると、2015年(平成27年)の販売信用供与額は57兆9,826億円で、その内訳は、クレジットカード信用供与額が49兆8,341億円、ショッピングクレジット信用供与額が8兆1,485億円でした。

クレジットカードの利用動向は?

現在、クレジットカードの利用動向については、(社)日本クレジット協会の調査結果である「日本のクレジット統計」で知ることができます。それによると、2015年(平成27年)のクレジットカード動態調査における信用供与額は43兆8,749億円で、その内訳は、クレジットカードショッピングが42兆1,533億円、キャッシング融資額が1兆7,216億円でした。

クレジットカードの契約数は?

現在、クレジットカードの契約数については、(社)日本クレジット協会の調査結果である「日本のクレジット統計」で知ることができます。それによると、2015年(平成27年)の契約数は、2億4,040万件となっていました。また、2015年の入会申込件数は2,923万件(内契約件数は2,250万件)で、解約件数は1,580万件でした。