将来価値

読み方: しょうらいかち
英語名: Future Value
分類: デリバティブ|概念

将来価値は、「FV」とも呼ばれ、現在の対象となるもの(企業価値や金融商品等)の貨幣価値が将来いくらになっているかを算出したものをいいます。これは、現在価値に対応して使われる概念で、現在価値を元に金利や収益率などを用いて将来得られるキャッシュフローなどを計算し、将来の価値がいくらになるかを示したものです。

一般に貨幣(お金)の価値は、同金額ならば、それを受取る時点が現在に近いほど価値は高くなります。その理由として、下記の例からも分かるように、国債などのほぼ無リスクな運用手段により、金利収入分が上乗せされるからです。

<現在価値と将来価値の具体例>

仮に1,000,000円(現在価値)を年利1%で1年間運用したら、1年後に1,010,000円(将来価値)になる。逆に1年後に1,000,000円(将来価値)にしようとするなら、割引率は1%となり、その現在価値は990,099円となる(1,000,00円/1.01=990,099円)。