カウンターパーティリスク

英語名: Counter party risk
分類: デリバティブ|リスク管理

カウンターパーティリスクは、デリバティブ取引の相手方(カウンターパーティ)が契約満期前に経営面で行き詰まり、契約上定められた支払いが履行されないリスクのことをいいます。通常、取引所取引の場合は、取引所が直接の取引相手となり、清算機関も整備されているため、原則として、カウンターパーティーリスク(取引相手の倒産リスク)は問題になりません。一方で、店頭デリバティブの場合は、相対取引となるため、取引相手が経営破綻などをすれば、保有するデリバティブ取引の時価評価額がプラスで未実現利益(評価益)があったとしても、損失が発生する可能性があります。

一般にカウンターパーティーリスクは、世界的な金融危機の時に金融機関の破綻や救済などで大きく高まり、実際に2009年のリーマンショックなどを契機に欧米の金融機関などでは、本リスクを考慮したデリバティブの価格付け(値付け)が行われるようになりました。具体的には、従来のカウンターパーティーリスクを考慮しない価格に加えて、「CVA(Credit Valuation Adjustment)」と呼ばれる価格調整が行われます。また、CVAは自社のデフォルトに伴う価格上のメリットと取引相手のデフォルトに伴う価格上のデメリットの差分に等しく、デフォルト事象としては取引相手のデフォルトと自社のデフォルトの双方を想定しています。なお、CVAの管理を確立している欧米の金融機関などでは、社内に「CVAデスク」といった組織を設けることが多いです。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。