ミシガン大学消費者信頼感指数

読み方: みしがんだいがくしょうひしゃしんらいかんしすう
英語名: The University of Michigan Consumer Sentiment Index
分類: 経済指標|米国

ミシガン大学消費者信頼感指数は、アメリカ合衆国(米国)のミシガン大学のサーベイ・リサーチセンターが実施する消費者マインドに関するアンケート結果を集計した景気関連の経済指標をいいます。これは、1966年を100として消費者マインドを指数化したもので、速報値の対象者は300人、確報値の対象者は500人となっています。その調査にあたっては、電話によるアンケートで行われ、景況感・雇用状況・所得に関して、楽観または悲観で回答されます。また、本指数は、現状判断指数(約40%)と先行き期待指数(約60%)で構成され、期待指数については「景気先行指数」の構成要素でもあります。

現在、ミシガン大学消費者信頼感指数は、米国の民間調査機関であるコンファレンス・ボード(全米産業審議会)が発表する「消費者信頼感指数」に先行して発表されるため、当該月の消費者マインドを探る手掛かりとして重要視されています。また、本指数は、アンケート対象者の人数が500人(速報版は300人)と、コンファレンス・ボードの消費者信頼感指数の5000人よりも少ないため、指数のブレが大きいのが特徴となっています。通常、米国の消費者マインドのチェックについては、ミシガン大学消費者信頼感指数でトレンドを推測し、最終的にはコンファレンス・ボードの消費者信頼感指数で確認する形となります。

<本指標の主なポイント>

・米国の消費者マインドを推測する代表的な指標
・個人消費との連動性が高く、景気動向を判断する際に活用
・月毎の数値の振幅が大きく、マーケットの注目度も大きい

発表国 アメリカ合衆国
発表先 ミシガン大学のサーベイ・リサーチセンター
発表時期 速報・・・毎月10日前後の金曜日
確報・・・毎月最後の金曜日
発表内容 前月のアンケート結果(消費者マインドの指数)

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。