消費者信頼感指数

読み方: しょうひしゃしんらいかんしすう
英語名: Consumer Confidence
分類: 経済指標|米国

消費者信頼感指数は、アメリカ合衆国(米国)の民間経済研究所(民間調査機関)であるコンファレンスボード(全米産業審議委員会)が発表する、消費者のセンチメント(消費者マインド)を指数化した景気関連の経済指標をいいます。これは、1985年を100として消費者マインドを指数化したもので、5000人の消費者に対して、現状(経済、雇用)と6カ月後(経済、雇用、所得)の景況感についてアンケート調査を行い、現状の経済と雇用に関する2項目の平均を「現状指数」、経済・雇用・所得の先行きに関する3項目の平均(季節調整)を「期待指数」として、この5項目の平均値で発表されます。

一般に消費者信頼感指数は、調査対象が5000人と、同種の指数であるミシガン大学消費者信頼感指数の500人(確報値)の10倍と多いため、米国の現状の景況感を測る上で信頼性がより高いとされます。また、個人消費やGDPとの相関性が強いと言われ、さらにNYダウや米国債との関連性も深く、これらに半年ほどの先行性を持つとされます。なお、米国の消費者マインドのチェックについては、ミシガン大学消費者信頼感指数でトレンドを推測し、最終的にはコンファレンスボードの消費者信頼感指数で確認する形となります。

<本指標の主なポイント>

・消費者マインドのインデックス化
・個人消費動向を把握する際に利用
・NYダウや米国債に対する相関性

発表国 アメリカ合衆国
発表先 コンファレンス・ボード(Conference Board)
発表時期 毎月25日~月末
発表内容 前月のアンケート結果(消費者マインドの指数)