対米証券投資

読み方: たいべいしょうけんとうし
英語名: Treasury International Capital System(TIC、TICS)
分類: 経済指標|米国

対米証券投資は、アメリカ合衆国(米国)の財務省が毎月発表する、「米国への資金の流出入」を確認する経済指標をいいます。これは、米国に流れる資本の額であり、海外からの米国証券(国債、政府機関債、社債、株式など)への投資額(購入額)を示しており、米国への投資意欲が高いか否か、すなわち「米国経済への期待感」を反映する指標となっています。

一般に対米証券投資のプラス額が貿易収支のマイナス額より多い(上回る)場合、米国に流れる資金が貿易で流出する資金より多いと判断され、ドル高要因となることが多いです。一方で、それを下回ると海外への資金流出が多いと解釈され、ドル安要因となることが多いです。また、海外からの資本の流れが貿易収支の赤字分をカバーできているかが重要であり、もしカバーできていない場合は、為替相場に影響を与えることもあるので注意が必要です。

なお、本指標は、金融機関カストディアンなどからのデータが毎月集計され、その月の翌々月の15日に発表されるため、速報性はありません。

<本指標の主なポイント>

・米国への資金の流出入を確認する重要指標
・貿易収支や経常収支の赤字額と比較
・世界の投資資金の流れ(フロー)を分析
・米国経済への期待感(信認)を反映
・国別の数字も発表
・ドル安時にはドル売り材料

発表国 アメリカ合衆国
発表先 財務省
発表時期 毎月15日
発表内容 月次で前々月の数値データ(米国への資金の流出入)