対外純資産

読み方: たいがいじゅんしさん
分類: 経済関連

対外純資産は、対外資産から対外負債を差し引いた額をいいます。これは、ある国が外国(海外)に保有している資産から負債を除いたものであり、通常、資産としては、政府の外貨準備や金融機関の対外融資、企業の直接投資などがあり、一方で負債としては、海外からの証券投資や借入金などがあります。また、この数値がマイナスとなる場合は、「対外純債務」と言います。

一般に国際収支が損益計算書とすれば、対外純資産は貸借対照表に該当し、この純資産の増加額は、ほぼ経常収支の黒字に等しくなります。また、この純資産が大きい程、国として海外で稼ぐ力が強くなり、現在、日本は世界最高水準の対外純資産を有しています。なお、日本の対外純資産の統計としては、財務省が毎年公表する「本邦対外資産負債残高」があり、対外資産残高や対外負債残高、対外純資産残高などが算出されています。